中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
中保町の家
京都の中心地から少し外れ、大きな通りに面した元町家の改修工事。
 いわゆる京町家の状況とは違う環境にあった建物をオリジナルの京町家に戻すのではなく、京町家の要素(外壁面の格子、間取りによる風の抜け)を抜き出し、現代の材料・工法で再提案した。
 大きな通りに面した部分は元々商いをしていた名残をそのままにセミパブリックな機能を配置し、奥に行くほどプライベート性の高い空間構成としている。
 更に周囲より少しセットバックした外壁面であったため、 エキスパンドメタルで作った格子のファサードを重ね、道路との心理的距離を取りつつ周囲の建物との壁面ラインを揃え調和を図った。
 クライアントは世界各地を転々としており、「旅人はミニマリストだ」「シンプルに広い空間を作って欲しい」と依頼された。
 建物は表の空間と裏の空間で二分され、表の空間は一階と二階が立体的に繋がるような空間構成とし、中央の吹き抜け空間はガラス瓦で自然光を取り入れ、中庭的要素を作っている。
 また、裏の空間には水回りを配置し、表の空間とは仕上げを切り分け、別世界の空間を演出している。
 コンパクトでシンプルな住宅であるが、何もかもを詰め込む方法では無く「週末住宅」と割り切る事で出来たゆとりが、この建物らしさや魅力になっているように思う。
 古い建物のため壁の傾き等はあったが、幸い躯体の状態は良かったため部分的に補強をしながら基本的には既存躯体をそのまま利用している。
 中古建具や既存のサッシ・ガラス、既存の躯体など古いものも利用しながら、断熱や遮音等の性能面や設備機器にも配慮し新しい素材も混在させる事で現代の住まいとして成立させている。
 この場所がクライアントだけではなく、京都を訪れた旅行者にとっても愛される場となる事を期待している。

__________

プロジェクト:中保町のリノベーション
主要用途:住宅
所在地:京都市中京区
竣工年月:2019年5月
カテゴリー:改装
主要構造:木造
規模:地上2階建

延床面積:69.16㎡

設計パートナー:岸本姫野建築設計事務所 / 岸本 将太
家具セレクト:株式会社 アルク
施工:三好工務店
写真:笹の倉舎 / 笹倉 洋平
PROJECT:Renovation of Nakahocho
PRINCIPAL USE:House
LOCATION:Kyoto, JAPAN
COMPLETION:May, 2019
CATEGORY:Renovation
STRUCTURE:Wooden construction
SCALE:2 Floor Adove Ground

ARCHITECTUAL AREA:69.16㎡

PARTNER ARCHITECT:Kishimotohimeno Architect office / Shota Kishimoto
FURNITURE:arc co., ltd.
EXECUTION:Miyoshi construction company
PHOTO:Sasanokurasha / Yohei Sasakura

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください